ホメオパシーとは?


Christian Friedrich Samuel Hahnemann

10 April 1755 – 2 July 1843

ホメオパシーは210年前にドイツ人医師、サミュエル・ハーネマンによって創始された

治療体系です。

 

日本語では同種療法と訳され「似たものが、似たものを治す」という同種の法則にしたがって、私たちの体に備わる自然治癒力を促進することで病気を乗り越えることを目的としています。

 

この同種の法則を使った治療法は日本でも古くから使われており、たとえば、のどが痛いときにしょうが湯を飲んだり、発熱に玉子酒を摂ったりするのは、今ある病状と似た状態をより強く引き起こすものをあえて摂ることで、体が今おかれた状態をより深刻に受け取り、一刻も早く解決することが必要だ!と、自然治癒力をそれまでよりも強く働かせることで病気からの速やかな回復を促すためです。

 

さらに、ホメオパシーではこうした、似た症状を引き起こす物質を、原物質の分子ひとつも含まれない程までに希釈 KISHAKU(水で薄める)、振盪 SHINTO(振って衝撃を与える)することで、エネルギー化したものを、典型的には砂糖玉にしみこませたレメディーと呼ばれるかたちで摂取します。

 

すると、わたしたちの体は、あたかもその物質が大量に入ってきたかのように反応し、自然治癒力を一生懸命にはたらかせ、知らず、気づかず、元の病気を押し出してしまっていたということが起こります。英語で言うと THE ART OF HEALING です。

 

ホメオパシーで使うレメディーの原物質には砒素やトリカブト、蛇の毒など、そのまま体に入ったら、ひっどい状態を引き起こすだろうなぁーと思われるものが多く、

裏を返せば、同種の法則に則り、それほど、ひどい病状をも、ひっくり返すほどの自然治癒力を引き起こすパワーを秘めているということでもあります。よね?

 

こんなことをいうと心配される方が多いと思います。そういう方はまったく正常です。

 

しかし、ホメオパシーで用いられるレメディーは先述のとおり、原物質の分子ひとつも含まれないほど薄め、振って衝撃を与えること(ポーテンタイズとも呼ばれる)で、その物質が秘めている治癒のエネルギーだけを引き出したものであり、物質的にはただの砂糖玉であるため、副作用もなく、赤ちゃん、妊婦さん、お年寄り、アレルギー体質の方でも安心してお摂りいただけます。

 

また重要な理解として、病気の治癒はいつでも、私たちに備わる自然治癒力によってのみ起こるものであり、あくまでホメオパシーのレメディーやホメパスはクライアントが自らの自然治癒力を使って病気を乗り越えていくことをお手伝いするものであるということです。

 

真の医師は、あなた自身の中に備わっているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松江、出雲、安来、米子、鳥取、島根、山陰で日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)認定ホメオパスによるホメオパシー健康相談、ホメオパシー勉強会をご希望の方はぜひ日本ホメオパシーセンター島根安来”CuZen!”までご連絡ください。